南大坂で注文住宅を建てたい方必見!評判が高く人気な工務店・ハウスメーカーを比較ランキングでご紹介します!

【南大阪】注文住宅の依頼におすすめの工務店・ハウスメーカー比較!

南大阪に注文住宅を建てたい方必見!人気の工務店・ハウスメーカーランキング!

はじめまして!私は南大阪に住む40代の主婦です。子どもが小学校へ上がるのを機に、念願のマイホームを建てました。

実際にマイホームを手に入れるまでにはやらなければならないことが想像以上に多くて大変でしたが、そんな私の経験が誰かのお役に立てたらいいなという思いでこのサイトを作成しました。

このサイトでは、注文住宅を建てる方に知っておいてほしいポイントや、おすすめの工務店などについて紹介しています。

また、ランキングは、数ある南大阪の注文住宅メーカーの中から特におすすめのできる注文住宅メーカーを厳選し、その上、WEBアンケート調査を実施した上で順位を決定したものとなっています。

これからマイホームを購入する予定の方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

【南大阪】おすすめの注文住宅業者ランキング一覧!

エナ・ホームの画像
提案力に自信!天然木が魅力の高性能な注文住宅

エナ・ホームは、老舗材木屋にルーツを持つ工務店で、天然木を活かした家づくりを得意としています。

オリジナル注文住宅の「エナの家」は、温かみのある天然木とアメリカンスタイルなインテリアの組み合わせが特徴的。標準装備が充実しているので、コストをかけてオプションを追加しなくても、満足度の高い家を手に入れることができます。

また、耐震性に加え、制震ユニット「ミライエ」を搭載しているため、安心して快適に長く暮らすことができます。

おすすめポイント

Point 1. デザイン力やコーディネート力に強みがあり、標準装備が充実している

Point 2. モデルハウス来場者にその場で間取りや資金計画の提案が可能

Point 3. 老舗材木屋にルーツを持ち、天然木を活かした家づくりが得意

エナ・ホームの基本情報

会社概要 会社名:エナ・ホーム株式会社
本社:堺市堺区一条通19-12
TEL:0120-138-011
耐震性能 木軸パネル金物工法、制震ユニット「ミライエ」、ベタ基礎、構造材のプレカット加工、剛床工法など
断熱性能 断熱等性能等級4
モデルハウス情報 羽曳野市に「FREAK’S HOUSE」、堺市に「MARIBU」のモデルハウスあり
スタイルハウスの画像
分かりやすいプランニングや明瞭な料金システムが魅力

スタイルハウスは、「1坪4マス」という分かりやすいプランニングの「グリッド」シリーズを始め、さまざまなラインナップを展開している注文住宅ブランドです。そのほとんどが、坪数に応じて一定額ずつプラス料金がかかる、という明瞭なシステムになっている点が良心的です。

また、「日本一の現場」を目指して職人の安全や現場環境の保持にも努めているので、安心して家づくりを任せることができます。

おすすめポイント

Point 1. 「1坪4マス」という分かりやすいプランニング

Point 2. 坪数に応じて一定額ずつプラス料金がかかるという明瞭なシステム

Point 3. 「日本一の現場」を目指して職人の安全や現場環境の保持にも努めている

スタイルハウスの基本情報

会社概要 会社名:ALLAGI株式会社
本社:和泉市上代町527
TEL:0725-44-0035
耐震性能 ベタ基礎、剛床工法、耐震金物、耐力面材、オイルダンパー「αダンパーEx Ⅱ」など
断熱性能 高性能グラスウール、吹付断熱、セルローズファイバー、「エピソードネオ」「サーモスX」「オメガ」など
モデルハウス情報 大阪府内5か所の展示場のほか、多数のまちかどモデルハウスあり
ディーズスタイルの画像
シンプルさの中にいくつものこだわりがある

ディーズスタイルは、間仕切りがないこととシンプルな四角いカタチが特徴の注文住宅ブランドです。中庭や光庭を効果的に取り入れることで、狭い住宅街や北向きの敷地であっても、明るく、風通しの良い家をつくることができます。

また、半永久的に新築時の性能を保てる「緑の柱」や、エコロジーな素材を使用したダブル断熱工法により、耐久性や快適さに優れているのも特徴のひとつです。

おすすめポイント

Point 1. 狭小地や北向きの敷地でも明るく風通しの良い家

Point 2. ライフスタイルに合わせて自由な暮らし方ができる間仕切りのない家

Point 3. シンプルな四角いカタチで、敷地内に収まればどんな敷地でも建築可能

ディーズスタイルの基本情報

会社概要 会社名:株式会社中商
本社:〒596-0801 大阪府岸和田市箕土路町2丁目8-10
TEL:0120-37-4663
耐震性能 緑の柱
断熱性能 ダブル断熱工法、セルロースファイバー
モデルハウス情報 大阪府内では和泉市、豊中市、岸和田市にモデルハウスあり
アイ工務店の画像
長く快適に暮らせる工夫が凝らされた住まいを提供

アイ工務店は、耐震性や断熱性を高める工夫を凝らした注文住宅を建ててもらえる、工務店です。基本的に、自由設計プラン一棟ごとに耐震設計診断を行い、耐震等級が最高になるよう確認しながら建設しています。

また、適正価格でお客様の理想の注文住宅が完成できるよう日々研究や効率化を図る姿勢が魅力的です。省エネへの取り組みに積極的なのも、嬉しいポイントでしょう。

おすすめポイント

Point 1. 長く快適に住むことができる木造住宅

Point 2. 24時間セントラル換気システムで室内の空気をキレイに保つ

Point 3. 木材にこだわり、ミリ単位のプレカット加工をしている

アイ工務店の基本情報

会社概要 会社名:株式会社アイ工務店
本社:〒542-0085 大阪市中央区心斎橋筋1-9-17 エトワール心斎橋9F
TEL:06-6227-8288
耐震性能 金物併用工法、最高ランクの「5倍耐力壁」、剛床構造など
断熱性能 硬質ウレタンフォーム断熱、遮熱・防水処理など
モデルハウス情報 泉佐野市、大阪市、東大阪市などにモデルハウスあり
アーキホームライフの画像
豊富なラインナップ!高品質で安心の注文住宅専門業者

建てる家はすべて注文住宅というアーキホームライフ。「大切な友人の家を建てるような気持ち」をモットーに、関西一、そして日本一を目指して家づくりに取り組んでいます。

ラインナップは20種類以上と多種多様。全棟で構造計算を実施し、8つの住宅性能で最高等級を満たし、さらに第三者による監査によって客観的に品質が保証されるシステムも導入しているので、安心して家づくりをお任せすることができます。

おすすめポイント

Point 1. 8つの住宅性能すべてで最高等級を満たしている

Point 2. 現場施工品質監査アプリケーションシステム「GenKan-NSR」を導入

Point 3. 20種類以上のラインナップがある

アーキホームライフの基本情報

会社概要 会社名:株式会社ホームライフ
本社:京都府福知山市和久市町123
TEL:0120-616-555(大阪南エリア)
耐震性能 構造計算、ベタ基礎など
断熱性能 「ダブル断熱」+「アルミ遮熱」など
モデルハウス情報 大阪府内では吹田市、和泉市、高槻市、堺市に展示場あり

【南大阪】おすすめの注文住宅業者一覧表

イメージ1
2
3
4
5
会社名エナ・ホームスタイルハウスディーズスタイルアイ工務店アーキホームライフ
特徴通常時間のかかる間取り提案にモニター使用で即座に対応
「1坪4マス」という分かりやすいプランニング間仕切りのない、シンプルな四角い家人や環境にも優しい住宅20種類以上のラインナップがある
おすすめポイント天然木を活かした家づくり。標準装備が充実している坪数に応じた明瞭な料金システム狭小地や北向きの敷地でも明るく風通しが良いJAS認定の無垢材や集成材を採用8つの住宅性能すべてで最高等級を満たす
長期優良住宅HPには記載なし
モデルハウス
所在地
羽曳野市、堺市大阪市、吹田市、高槻市和泉市、豊中市、岸和田市泉佐野市、大阪市、東大阪市、枚方市、和泉市、吹田市、堺市吹田市、和泉市、高槻市、堺市
問い合わせ0120-138-0110725-44-00350120-37-466306-6227-82880120-616-555
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

南大阪はマイホームを建てるのにおすすめ!特に人気のエリアも紹介

大阪の画像

南大阪の特徴・住むのにおすすめできる理由

大阪にマイホームを持ちたいと考えている人の中には、大阪市内に勤務している人も多いのではないでしょうか。なるべく職場の近くに住みたいと思うかもしれませんが、あまりにも都心に近いエリアは騒がしいですし、子育てや老後の生活に向いているとは言えません。

そこでおすすめなのが南大阪エリアです。交通網が発達しているため都心には行きやすいものの、自然が多く、都会の喧騒を忘れられる落ち着いた街並みも数多く存在します。ここではそんな南大阪エリアの中から、注文住宅を建てるのにおすすめの市をいくつかご紹介します。

堺市

堺市は大阪市に次ぐ府内第2の都市で、政令指定都市にも指定されています。JRや地下鉄、路面電車など合わせて6路線が乗り入れており、交通の便が非常に良いことが魅力のひとつです。

昔ながらの商店街や大きなショッピングセンターなど商業施設が充実しており、買い物に困りません。そのほか自然豊かな公園や文化施設なども多数あり、子育てもしやすい環境です。ファミリー層には特に人気が高いエリアとなっています。

羽曳野市

ブドウ栽培が盛んな羽曳野市。どちらかと言うと高齢者が多く住んでいる印象で、堺市などと比べると子育て環境の充実度は低めですが、自然が多く残っているエリアでもあるため、落ち着いた、静かな環境を求める方にはおすすめとなっています。

若者向けのお店は多くはありませんが、近鉄の2路線が乗り入れており、都会に出やすいためそこまで不便は感じないでしょう。住宅街にはバスも多く通っており、スーパーや医療機関なども充実しています。

富田林市

富田林市の市街地には近鉄や南海鉄道によって開発されたベッドタウンが広がっており、たくさんの住宅が建ち並んでいます。メインとなる鉄道路線は近鉄長野線で、住宅街にはバスも多く通っています。

富田林駅近くの富田林寺町内には戦国時代の街並みが残されており、「重要伝統的建造物群保存地区」にも選定されています。また市内南部には自然が広がるエリアもあります。野球で有名なPL学園も、富田林市内にある中高一貫校です。

いかがでしょうか。一口に南大阪エリアと言っても市によって特徴が異なりますが、いずれにせよ子育てや老後の生活にはぴったりの、大変住みやすいエリアとなっています。これから大阪府内で注文住宅を建てたいと考えている方はぜひ、南大阪エリアで土地を探してみると良いでしょう。

南大阪の土地代・坪単価相場は?大阪の主要エリアとも比較!

土地代を表した画像

2020年の大阪府の地価平均は約111万円/坪単価で、東京都に次いで全国2位の高値となっています。しかしながら地価は市によっても大きく異なります。大阪府内の主要エリアと、先ほどご紹介した南大阪エリアを比較してみましょう。

大阪府内で最も地価が高いのは大阪市です。市内の主要な区をいくつか取り上げて、具体的に見ていきましょう。

中央区:約1199万円/坪単価
北区:約639万円/坪単価
天王寺区:約209万円/坪単価
阿倍野区:約203万円/坪単価
福島区:約203万円/坪単価

戸建住宅を建てる場合、少なくとも30坪程度は必要と言われています。ですから大阪市中央区に戸建住宅を建てるとしたら、土地代だけで約3億6,000万円かかることになります。それに加えて建築費用が必要になりますから、相当な資金力がないと難しいでしょう。

では、大阪市に次ぐ大都市である堺市はどうでしょうか。同じようにいくつかの区を取り上げてみましょう。

堺区:約57万円/坪単価
東区:約40万円/坪単価
中区:約36万円/坪単価
南区:約31万円/坪単価
美原区:約24万円/坪単価

いかがでしょうか。一番高い堺区でも、30坪の土地を購入するのに必要な金額は約1,700万円程度です。ちなみに、同じ南大阪エリアの富田林市は約27万円/坪単価、羽曳野市は約30万円/坪単価と、堺市よりも少し低めの金額になっています。

土地の取得費用が少なければ少ないほど建築費用にかける割合を増やすことができますから、大阪府内で理想の注文住宅を手に入れたいのであれば、地価のお手頃な南大阪エリアがおすすめです。

工務店とハウスメーカーの違いとは?メリット・デメリットも確認

メリット・デメリットと書かれた画像

注文住宅を建てるにあたっては、いかに業者選びで失敗しないかが重要なポイントです。ところで、住宅メーカーには大きく分けて工務店とハウスメーカーの2種類があります。それぞれのメリットとデメリットを具体的に解説します。

工務店のメリット

工務店の一番のメリットは、間取りやデザインなどに関しての自由度が高いという点です。ハウスメーカーではある程度仕様やプランが決まっていて、その上で住宅設備などをチョイスするというやり方が多いですが、工務店にはそのような制約がないことがほとんどなので、家づくりにこだわりのある方には特におすすめです。

また、全国に営業所を持つハウスメーカーとは異なり、工務店は地域密着型の営業をしています。そのため、ちょっとした不具合の点検・修理などの場合でも、いつでも駆けつけてくれるというフットワークの軽さが魅力です。

工務店のデメリット

工務店のデメリットは、工期に時間がかかるという点が挙げられます。工場でカットされた資材を使うハウスメーカーとは違い、それぞれの資材を職人さんたちがイチから作り上げていくことが多いため、工期が長くなることは避けられません。また、資材のひとつひとつや完成した家全体の品質が一定ではなく、職人さんの腕次第になってしまうという点も否定できないでしょう。

さらにアフターサポートの充実度も、工務店ごとに幅があります。工務店を選ぶ際には、定期点検のタイミングや万が一のときの手厚い保障があるかどうかなどをあらかじめ確認しておく必要があるでしょう。

ハウスメーカーのメリット

上述したようにハウスメーカーは工場で資材などを大量生産しており、ある程度仕様も決まっているため、工期が短くて済むというのが一番のメリットです。職人さんの腕次第である工務店とは違い、全国どこでも品質が一定というメリットもあります。

また、会社の規模が大きい分倒産などの可能性も少なく、ブランド力や安心感という意味では工務店に比べて圧倒的に優位と言えます。24時間対応のコールセンターを設けているようなハウスメーカーもあり、アフターサポートの手厚さも魅力です。

ハウスメーカーのデメリット

ハウスメーカーの一番のデメリットは、建築費用が高くなる傾向があるという点です。というのも、CMやモデルハウスなどの宣伝・広告にかかる費用が、住宅の価格に反映されているため。モデルハウスは魅力的に見えますが、ハウスメーカーの多くは標準仕様でモデルハウスをつくっていません。そのため、モデルハウスと全く同じ家を建てたいと思ったらたくさんのオプション追加が必要になり、費用が跳ね上がってしまう可能性もあります。

そして繰り返しになりますが、ハウスメーカーの多くは住宅が商品として規格化されており、自由度が低いのが特徴です。予算が決まっていて、その中でなるべく理想通りの家を建てたいという方に対しては、ハウスメーカーはあまりおすすめできません。

いかがですか。工務店とハウスメーカー双方にメリットもデメリットもあることが分かりますが、なるべく建築費用を抑えたいとか、家づくりにこだわりがある、理想を自由に叶えたいという方には、ぜひ工務店をおすすめします。ただしアフターサポートや保障の手厚さに関しては工務店ごとに異なるため、しっかりと情報収集をして、後悔のない家づくりをしましょう。

【注文住宅と分譲(建売)住宅】それぞれのメリット・デメリット

メリット・デメリットと書かれた画像

戸建住宅には、注文住宅のほかに分譲(建売)住宅という選択肢もあります。家は一生に一度の大きな買い物ですから、よく検討しなければなりません。ここからは、注文住宅と分譲(建売)住宅それぞれのメリット・デメリットについて詳しく解説します。

注文住宅のメリット

間取りや設備、外観、使用する資材まですべて自由に決められることが、注文住宅のメリットです。家族それぞれの意見を取り入れることで、ライフスタイルに合わせたオリジナルの家をつくることができます。将来的なことまで考えた設計にしておけば、リフォームが必要になった場合でもスムーズに計画することができます。

建築途中の様子を随時チェックすることができるので、手抜き工事などが起こりにくいこともメリットのひとつでしょう。注文住宅を建てる際には建築現場には積極的に足を運び、お茶の差し入れをしたり、ねぎらいの言葉をかけたりするようにしてください。

注文住宅のデメリット

分譲(建売)住宅と比べて費用が高いという点が、注文住宅のデメリットでしょう。自由に設計できるのが魅力ですが、こだわればこだわるほど費用も高くなりますので注意が必要です。こだわりたいところにはお金をかけ、そうでないところは安い設備を選ぶなど、予算にメリハリをつけることが大切です。

また、工期が長くなることもデメリットのひとつです。入居したい時期が決まっているのであれば、余裕を持って計画を立てる必要があります。工期が長くなるとその分人件費もかかります。そのことも、注文住宅の費用が高くなる要因でもあります。

分譲(建売)住宅のメリット

分譲(建売)住宅の一番のメリットは、すでに完成している家を実際に見て購入することができるという点です。内装や間取りはもちろん、外観が街並みにどう映るかまで含め、実際に生活したときのイメージを膨らませながら検討することができます。

また、注文住宅と比べると安い値段で購入できるというメリットもあります。分譲(建売)住宅は、建築会社が広い土地を区切ってまとめて何棟も建築するのが一般的です。資材の調達や人件費という面でコストを抑えられるので、その分販売価格を安く設定することができるというわけです。分譲(建売)住宅は安いからと言って、決して品質が落ちるわけではありません。

分譲(建売)住宅のデメリット

分譲(建売)住宅のデメリットは、やはり間取りや設備に関しての自由度が低いということでしょう。完成している家を購入するのですから当然ではありますが、どんな資材を使うのかを決めることができませんし、周りには同じ見た目の家がたくさん並んでいることが多いので、没個性的な家を選ぶのが嫌な方には向いていません。

また注文住宅と違って、分譲(建売)住宅は建築途中の様子を見ることができません。そのため万が一手抜き工事などが行われていたとしても、購入前の内覧の段階でそれを見抜くことは困難です。「1棟いくら」という給与体系で働いている大工が多いため、なるべく工期を短くしようと手抜き工事をしてしまうケースも、残念ながらゼロではないのが現状です。

いかがですか。注文住宅と分譲(建売)住宅はどちらにもメリットとデメリットがあることが分かりますが、せっかく夢のマイホームを手に入れるのであれば、理想を自由自在に叶えることができる注文住宅がおすすめです。金銭的な理由で分譲(建売)住宅を選ぶ方もいるかもしれませんが、あらかじめ予算を伝えておけば、予算内に収まるように提案してくれる工務店もありますので、まずは相談してみると良いでしょう。

【大切な住宅性能】特に重要なポイントは?

手のひらに家を載せている画像

注文住宅を建てる際、忘れてはならないのが住宅性能に関してです。注文住宅を建てる方のほとんどは、一生かそれに近い長い年月をその家で暮らすことになるでしょう。ですから、安心して長く暮らせるような家を建てることが重要です。ここでは、「耐震性能」と「断熱性能」という2つの住宅性能について、詳しく解説します。

耐震性能

日本は地震大国です。いつどこで大地震が起きても不思議ではありません。そんな日本で注文住宅を建てる際、重要なのが耐震性能です。

耐震性能の高さは3つの耐震等級によって表されます。建築基準法によって定められた耐震基準は等級1で、数百年に一度の大地震にも耐えられる性能を持つとされています。なお、等級1の1.25倍の地震に耐えられるのが等級2、等級1の1.5倍の地震に耐えられるのが等級3となっています。

耐震等級1以上でなければ法律違反となりますので、これから注文住宅を建てる場合は少なくとも等級1の耐震性能は必ず備わっていることになります。しかしながら、なるべく高い等級の家を建てるに越したことはありません。耐震性能が高い家は地震だけではなく、台風などの強風にも耐えられるというメリットがあります。さらに、耐震性能の高い家を建てておくことで、将来的に地震対策のための工事などをする必要がないため、長い目で見てコストパフォーマンスが高いとも言えます。

また、地震に耐えうる家に住むためには家そのものの耐震性能だけではなく、地盤の強さも重要なポイントとなりますので、土地を購入する際は地盤の強さにも着目して選ぶと良いでしょう。

断熱性能

断熱性能が高い家というのは、外気の温度の影響を受けにくく、室内の快適な温度の空気が逃げにくい家のことで、簡単に言えば「夏涼しく冬暖かい家」のことです。断熱性能が低い家で暮らすことは体調を壊す原因にもなりますし、年間を通してエアコンなどの使用頻度が増えることで、毎月の電気代が高額になる可能性もあります。

断熱性を高める工法としては、構造材を外側から断熱材で包む「外断熱」と、外壁と内壁の間や床下、天井の上などに断熱材を入れる「内断熱」があります。使用する断熱材や施工費、特徴などが異なりますが、双方のメリットを活かし、併用するケースも多くなっています。

ところで、古い家などに行くと、壁や天井、窓などにちょっとした隙間が空いており、隙間風が寒いと感じたことがある人もいるでしょう。長く暮らしていける家を建てるためには、そのような隙間をつくらないことも大切です。室内の温度を快適に保つためには断熱性だけではなく、隙間が生まれないような精度の高い建築部材を使用するなどして、家の気密性を高めることも重要なポイントとなります。

長く、安全に、そして快適に暮らすことができる注文住宅を建てるためには、耐震性能と断熱性能が重要な要素となります。これらの性能やグレードは、着工してからの変更が困難なケースがほとんどですから、どのくらいの機能性がほしいのかについては、あらかじめ考えておくようにしてください。

長期優良住宅って?具体的にはどんな家?

家の画像

築100年以上の住宅に高い価値が付く欧州諸国とは異なり、日本の家は寿命が短く、経年とともに価値が下がるため、建てては壊すといういわゆる「スクラップ&ビルド型」が主流でした。しかし、性能の良い家を建てて、手入れをしながら長く住み続けられる「ストック型」の住宅の普及を目指すため、2009年に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行されました。

長期優良住宅として正式に認められるには、この法律に定められたいくつかの基準を満たす必要があります。具体的に見ていきましょう。

長期優良住宅の認定基準

〇耐震性
上述した耐震基準の「等級2」以上。
〇劣化対策
数世代、100年以上にわたって住み続けることができるような措置。
〇維持管理のしやすさ
水回りなど耐用年数の短い設備などのメンテナンスがしやすいこと。
〇リフォームのしやすさ
ライフスタイルの変化に応じて間取りを柔軟に変更できるなどの可変性の高さ。
〇バリアフリー対策
車いすが通れるよう廊下や出入り口の幅を広めに設けるなど、将来的なバリアフリーのためのリフォームに備えた措置。
〇省エネ
断熱性や気密性の高い家(省エネルギー対策「等級4」以上)。
〇住戸面積
戸建住宅の場合は75㎡以上。
〇居住環境
地域の景観を損なわないような配慮。

長期優良住宅を建てるメリット

長期優良住宅に認定されることによって、不動産取得税の軽減や登録免許税の軽減、固定資産税の軽減、住宅ローン控除など税金面でのメリットがあるほか、補助金がもらえる制度や、フラット35の金利が優遇されたりするメリットもあります。

長期優良住宅として認められるためにはさまざまな基準があるため、普通に家を建てるよりもコストや時間がかかるのではないかと思う方もいるかもしれません。しかし「地震に強い家」や「断熱性が高く快適な家」をつくることは、住宅メーカーとしては当たり前にやっていることです。

特にもともと耐震や省エネを得意とする業者であれば、建築費用や完成までの時間が大幅に変わるというわけでもありません。自分たちが依頼する業者が長期優良住宅を建てている実績があるかどうかをあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

これから注文住宅を建てる予定の方は、安心かつ快適に過ごすことができ、子や孫の世代まで受け継ぐことができる長期優良住宅をぜひ選んでみてはいかがでしょうか。

注文住宅業者を選ぶ上でのポイントとは!?

星が階段に積まれている画像

家づくりの命運を左右すると言っても過言ではない業者選びですが、具体的にどのような比較の仕方をすれば良いか分からないという方もいるのではないでしょうか。そこで、注文住宅業者選びの際に最低限抑えておいてほしいポイントについていくつかご紹介します。

信頼性・実績

何かしらモノやサービスを購入する際、それを提供する会社が信頼できるかどうかは契約前に必ずチェックしておかなければならないポイントです。それが一生に一度の大きな買い物であり、家族の安全や健康にもかかわる注文住宅であればなおさら重要ですよね。

注文住宅業者の信頼性をはかるためには、まずは担当者の人柄をよく見ておきましょう。こちらの意図をしっかり汲み取ってくれるか、「性能が高い」と謳っているのであれば国の基準と比べて具体的にどのくらい性能が高いのかをきちんと話してくれるか、などを確認しましょう。また、これまでの施工実績や施主による口コミなども参考にすると良いでしょう。

価格

注文住宅を建てる際の価格相場としては2,000万円台~3,000万円台ですが、こだわりを詰め込んで5,000万円以上かける人もいれば、かしこく工夫して1,000万円台で建てる人もいます。

できるだけお得に注文住宅を建てたいなら、標準装備が充実している業者を選ぶと良いでしょう。たとえば、おしゃれな建具や高性能な住宅設備がすべて標準装備になっている業者なら、余計なオプションを追加しなくても満足度の高い家をつくることは可能です。複数の業者に見積もりを依頼して、どのくらい価格が違うのかを比べてみましょう。

提案力

注文住宅の魅力と言えば、間取りやデザインを好きなように決めることができるという点ですよね。しかし施主のほとんどは家づくりに関して素人ですから、具体的な設計は業者側が行うことになります。

このとき大切になるのが提案力です。施主の希望をそのまま反映させた間取りでは、生活動線が悪かったり、無駄なスペースが生まれてしまうこともあるかもしれません。場合によっては「その希望を実現するのは難しい」とはっきり言ってもらうことも必要です。そこに住む人の目線で、本当に生活しやすい設計をしてくれるかどうかというのがポイントになります。

注文住宅業者選びに関するアンケート調査結果を発表!

ここまで、南大阪のおすすめの注文住宅業者、業者選びのポイント等をお伝えしてまいりました。最後に私の方で独自に調査を行ったアンケート調査の結果を皆さんにお伝えしたいと思います。

「注文住宅を建てる際に最も気にするポイントは?」という内容でアンケートを行ったところ、
「価格」34%
「耐震性」32%
「デザイン」9%
「企画・提案力」9%
「対応の良さ」8%
「断熱性」7%

という投票結果となりました。

価格に関しては言うまでもなく重要なポイントではありますが、日本は地震大国ですので、住宅性能の中でも特に耐震性を気にされている方が多いようです。価格と耐震性はほぼ同等の投票数を獲得したため、耐震性に優れていて、かつ、お得な価格帯で注文住宅を建ててみたいというユーザーのニーズがアンケート結果に顕著に表れています。

そして、価格と耐震性を除いた項目は、ほぼ同等の投票数となっていますが、デザインや企画・提案力等も、注文住宅業者を選ぶ上では軽視できないポイントにはなります。

注文住宅業者選びは、価格と耐震性を重要視しつつ、その他項目に関しても、トータルバランスで優れている業者を選べば満足の行く家づくりを実現できるのではないでしょうか。

まとめ

南大阪エリアは、マイホームを持つのにおすすめのエリアです。家は一生に一度の買い物ですから、後悔のないようにいろいろな選択肢を比較検討して、ぜひ理想のマイホームを手に入れましょう。

このサイトでは、南大阪エリアで注文住宅を建てる方におすすめの工務店をいくつかご紹介していますので、それぞれの紹介ページにもぜひ目を通していただければ幸いです。

 

記事一覧

自然豊かで住みやすい街として人気の南大阪にマイホームを建てたいと考えている人は多いのではないでしょうか。家を建てるときは、建築する場所も重要です。南大阪エリアは交通の便もよく閑静な住宅街が広 ・・・[続きを読む]
南大阪に注文住宅を建てたいと考えている人の中には、キッチンにはこだわって建てたいと考えている人もいるでしょう。しかし、いざ考えてみるとこだわるべきポイントを絞り切れない、どこにこだわったらよ ・・・[続きを読む]
狭い土地を購入した場合は、理想の家を建てることが難しいというイメージがある人もいるでしょう。注文住宅であれば、狭い土地に適した工法を使用して理想を現実にできる可能性があります。しかし、ただ好 ・・・[続きを読む]
注文住宅を建てるときの悩みの1つに壁紙選びがあります。壁紙一つとっても、最近はさまざまな種類がありますから、選び方によってはせっかくの素晴らしい部屋も、その魅力が半減してしまう可能性がありま ・・・[続きを読む]
待望の注文住宅が完成したと思って見てみると、住宅業者と打ち合わせした内容とは違っている部分があったというときにはどうしたらよいでしょう。自分では直せないからと思って泣き寝入りをしてしまう人も ・・・[続きを読む]
住宅を建てる際に現金で購入するのは少数であり、借り入れをして対応するのが一般的です。しかし、住宅ローンを使って借りるのがよいのか、フラット35を使うのがよいのかと迷っている人もいるでしょう。 ・・・[続きを読む]
南大阪で注文住宅を建築する場合には、それなりのお金がかかるためしっかりとした工務店選びが重要になります。工務店選びが正しければ、納得のできる注文住宅を建築できるでしょう。ではどのようにしたら ・・・[続きを読む]
注文住宅は、建てる人の要望に沿ってデザインしていくことができます。マイホームを自分や家族にとって最高の家にしたいというのは当然の願いですが、どこまでリクエストできるのでしょうか。今回は、注文 ・・・[続きを読む]
住宅を建築する場合には、どの程度の期間が必要になるのか気になる方もいるでしょう。とくに注文住宅の場合には時間がかかるイメージもあります。そこで今回は、住宅が完成し引き渡ししてくれるまでにどの ・・・[続きを読む]
大阪府南東部に位置する和泉市は、1980年から90年代に掛けて大規模な宅地開発がなされました。南大阪地域随一の人口を有するようになり、現在も市内の計5つの場所で新たな住宅分譲地があります。昨 ・・・[続きを読む]
南大阪(羽曳野市)で注文住宅を依頼する工務店・ハウスメーカーが見つからず、頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。注文住宅を依頼する業者を選ぶなら、評判やこれまでの実績、強みとしている ・・・[続きを読む]
堺市で注文住宅を依頼できる工務店・ハウスメーカー選びに、頭を悩ませていませんか。市内には数多くの業者が点在していて、どこを選んだらよいのか迷う人も珍しくありません。失敗しないポイントは、時間 ・・・[続きを読む]
すでに建っている住宅を購入するのなら、気に入った物件を契約すればよいだけです。しかし、影も形もない状態から作り上げる注文住宅の場合は、どうやって建てればよいのかわからない方もいるでしょう。注 ・・・[続きを読む]
大阪に注文住宅を建てたいけど、貯金が少なく頭金が出せないという人もいるでしょう。早く建てたいのに手持ちがないときは、頭金がなくてもローンが組めるのかが気になります。そこで今回は、一般的にどの ・・・[続きを読む]
注文住宅を建てるという場合にはローンを組む方も多いでしょう。ローンの返済を考えると少しでも返済額を減らすほうが金利などの負担を軽減できます。そのためにも、頭金をある程度用意しておくことも大切 ・・・[続きを読む]
家を建てるなら、理想とする住まいにしたいと考える方もいるでしょう。建売住宅では規格品であるという点から、似た住宅が多く無難にまとまった住宅が多い傾向にあります。自由度が少ないという点から、自 ・・・[続きを読む]
一戸建住宅の購入を検討している人の中には何からはじめてよいのか検討もつかない人もいるでしょう。そのような人は家の外観デザインや内装デザインなどが掲載されたカタログを入手することが先決です。い ・・・[続きを読む]
情緒溢れる街並みや公園なども多く存在する南大阪は、住宅地として人気です。住宅を建てる際、近年は建売住宅より注文住宅が注目を集めていますが、注文住宅は高いというイメージを抱く方も多いでしょう。 ・・・[続きを読む]
敷地を所有していない人が戸建住宅に住もうとすると、手っ取り早く建売住宅を購入するか、住みたい地域に土地を購入してハウスメーカーに住宅を建ててもらうことになります。建売住宅でも注文住宅でも、住 ・・・[続きを読む]
戸建てとして売られている住宅を見にいって自身の理想を叶えてくれる素晴らしい家だと感じても「もっとよいところがあるはず」と考えてしまい購入に踏み切れない状況もあるでしょう。その場合は理想の家を ・・・[続きを読む]
一般的に注文住宅はどれくらいの価格で建てられているのか、予算や実際にかかる金額について気になる人は少なくありませんが、相場は地域によって多少異なります。土地までプラスした価格で計算をするのか ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:Grand Living 住所:大阪府羽曳野市島泉9丁目23番4号 TEL:072-939-8080 受付時間:9:00〜18:00 定休日:不定休 GrandLiving ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社KADeL 住所[本社]:大阪府羽曳野市野々上2丁目30-1 TEL:072-939-1511 定休日:毎週水曜日・第2・第4木曜日、夏季、年末年始 株式会社KAD ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:アドヴァンスアーキテクツ株式会社 住所[本社]:大阪府堺市堺区北旅籠町東1丁1-10 TEL:072-247-8751 受付時間:9:30~18:00 定休日:年末年始・G ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:有限会社 永野工務店 住所:大阪府和泉市青葉台2丁目9-12 TEL:0725-55-3151 受付時間:9:00~19:00 家は一生で一番高い買い物といわれています。そ ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社 ハナハウス 住所:大阪府堺市北区長曽根町3081番地31 TEL:0120-08-4854 受付時間:9:00~18:00 定休日:毎週水曜・第2木曜日 南大阪で ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:有限会社 大塚工務店 住所:大阪府和泉市黒鳥町三丁目16番12号 TEL:0725-41-4158 受付時間:[平日] 9:00~18:00 南大阪の和泉市で注文住宅を建築 ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社 SEED HOME 住所:⼤阪府堺市美原区⻘南台1丁⽬15-16 TEL:0120-958-365 受付時間:9:00~17:00 定休日:水曜・祝日 南大阪で自 ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社 夢広 住所:大阪府堺市堺区中之町東2丁2番15号 TEL:0120-889-699 受付時間:10:00~19:00 定休日:水曜日 南大阪一帯は1980年以降に ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:ミヤウチ建設株式会社 住所[本店ショールーム]:大阪府藤井寺市御舟町1番63号 TEL:0120-60-2345 受付時間:9:00~19:00 定休日:毎週水曜・第3火曜 ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社まつだ工務店 住所[モデルハウス所在地]:堺市中区土塔町3166 TEL:072-294-6772 株式会社まつだ工務店は南大阪に近い堺市にあり、注文住宅・新築一戸 ・・・[続きを読む]