南大坂で注文住宅を建てたい方必見!評判が高く人気な工務店・ハウスメーカーを比較ランキングでご紹介します!

ディーズスタイルの画像
おすすめポイントシンプルさの中にいくつものこだわりがある

ディーズスタイルは、間仕切りがないこととシンプルな四角いカタチが特徴の注文住宅ブランドです。間仕切りをつくらないことでそこに住まう人の感性を刺激し、ライフスタイルの変化に合わせた自由な暮らし方を実現してほしいという建築家の願いが込められています。

一方で窓に関しては、光と風を知り尽くしたプロが決めるというのもこだわりのひとつです。中庭や光庭を効果的に取り入れることで、狭い住宅街や北向きの敷地であっても、明るく、風通しの良い家をつくることができます。

ディーズスタイルの画像

ディーズスタイル

シンプルさの中にいくつものこだわりがある

公式サイトで詳細を見る

間仕切りのない家

D S STYLE の画像2
ディーズスタイル(D’S STYLE)は、新築住宅、リフォーム、外構などの住宅事業を手掛ける株式会社中商が展開する注文住宅ブランドです。

コンセプトは「Style@HOME」。Styleというのはライフスタイルのことで、子育てが中心の時期には「child@home」、自宅で仕事をするなら「office@home」、趣味中心の生活になったら「atlier@home」など、家に合わせて生活するのではなく、ライフスタイルに合わせて家を変化させるという新しい考え方です。

「Style@HOME」を実現するための具体的な方法は、間仕切りをつくらないということ。どう暮らすかは自分たち次第なので、”工事が終了して完成する家”ではなく、”工事が終了したあとに感性が刺激される家”と言えそうです。

注文住宅なのに、窓の大きさや位置を選べない!?

ディーズスタイルの家は間仕切りがなく、部屋の使い方が自由自在であるということは述べました。しかし窓の大きさや位置に関しては、施主が決めることができません。それは、窓の位置に関しては、光や風について知り尽くしたプロに任せるべきだというモットーがあるから。

ディーズハウスが特に得意としているのは、中庭や光庭などのオープンスペースをつくることで、風や光を取り込むという手法。そのため、狭小地や北向きの敷地、建て込んだ住宅街などであっても、明るく、風通しの良い家をつくることが可能となっています。

安心・安全の理由

D S STYLE の画像3

注文住宅業者を選ぶ上で大切なポイントには、デザイン性や建築費用などいくつかありますが、忘れてはいけないのが性能です。その点に関して言うと、ディーズスタイルの家は、耐久性や快適さに優れています。その理由について具体的にご紹介しましょう。

緑の柱

ディーズスタイルでは、構造材に「緑の柱」を採用しています。緑の柱は、加圧注入処理(圧力をかけながら薬剤を内部に深く浸透させること)を施した国産の無垢材です。高い防腐・防蟻効果を持ち、いつまでも新築時の性能を保つことができます。

構造材が腐らないということは、つまり耐震性も新築時の性能のままということです。家を建ててから数十年後に大地震が起きても、倒壊する危険性はほとんどありません。また、将来的にリフォームが必要になったとき、構造部分がシロアリの被害にあっている場合には多額の修理費がかかってしまいますが、緑の柱ならそのような無駄なコストも不要です。

ダブル断熱工法

快適な暮らしを実現するためには、家の断熱性を高めることが必要不可欠です。ディーズスタイルでは、内断熱と外断熱を併せ持ったダブル断熱工法を採用しています。

外断熱材には耐久性・安全性に優れた「EPSパネル」を、内断熱材には調湿・防虫・防音・難燃性に優れた「セルロースファイバー」を使用。どちらも地球にやさしいエコロジーな素材です。

外観や料金について

D S STYLE の画像4
ディーズスタイルのつくる家のカタチには、5つのタイプがあります。簡単にご紹介しましょう。

〇Basic(ベーシック)
コートハウス(=中庭のある住宅)をお手本とした、ノーマルな四角いカタチ。

〇Shed(シェド)
片流れ屋根のかっこいい家。開放的なロフトが付いています。

〇Gable(ガブル)
住宅の屋根として最も一般的な切妻屋根の家。「Shed」と同じく開放的なロフト付き。

〇Tall(トール)
3階建ての四角い家。狭小地にもおすすめ。

〇Bungalow(バンガロー)
平屋スタイルの家。こちらは土地に余裕のある方におすすめ。

家のカタチとしては上記の5タイプになりますが、どのタイプも非常にシンプルな四角いカタチです。せっかくの注文住宅なのに遊び心がないと感じる方もいるかもしれませんが、実は家のカタチをシンプルにすることこそが、無駄な作業を減らし、結果的にコストダウンを実現するための秘訣なんです。

また、料金プランとしては、敷地面積に応じた8パターン(No.1「2.5×5.5」、No.2「3.75×3.75」、No.3「2.5×6.0」、No.4「3.0×5.0」、No.5「3.0×5.5」、No.6「4.0×4.0」、No.7「3.5×5.0」、No.8「3.5×5.5」)があり、さらに敷地の向きに応じてさらに4通り(東西南北)に分かれます。どんな敷地であっても、敷地内に収まりさえすれば建築が可能です。

選べる家のカタチがシンプルなだけあって、料金プランも非常にシンプルであることが分かります。具体的な金額やプランについてより詳しくお知りになりたい方は、オプションなども掲載されているスタイルブックを資料請求してみてください。

まずはモデルハウスへ行ってみよう!

間仕切りがない、中庭や光庭を取り入れる、外観はシンプルな四角いカタチなど、いくつものこだわりがあるディーズスタイル。これらのこだわりが自分の好みにぴったり当てはまる方にとっては理想的かもしれませんが、間取りやデザインはもちろん、細かいところまで自分のこだわりを詰め込みたいという方にとっては、あまり向いていないかもしれませんね。

とは言えシンプルにすることでコストを抑えられるというメリットもありますので、気になる方はぜひモデルハウスに行ってみましょう。なお、大阪府内には3か所のモデルハウスがありますが、プランはすべてNo.4「3.0×5.0」。そこにウッドデッキや離れなどのオプションを追加した形になっています。

ディーズスタイルの画像

ディーズスタイル

シンプルさの中にいくつものこだわりがある

公式サイトで詳細を見る

ディーズスタイルを利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

満足のいく注文住宅

我が家は1年点検を
本日終了

家を何処で建てるか
悩みますよね。

私達はディーズスタイル で
建てて本当に良かったです。

収納について
1つの部屋を
ウォークインにしてもらいました。
そこに普段使わない物を
入れてます。

建てる時に
この部屋をこう使いたいと
間取りに家具配置図をかいたり
収納する場所と電気スイッチなど
予め決めて
打ち合わせしていくと
どんな間取りでどんな雰囲気に
して使うかが見えてくるので

ん?と思ったら
相談しながら進めて行けば
大丈夫ですよ。(^。^)

我が家は1年点検の時
自分では設置できないな?
と言う分など

担当営業の方が
丁寧に付けてくれました。

私はディーズスタイル
本当にオススメです。

引用元:https://www.e-kodate.com/bbs/thread/554147/

→担当者の方と前もって細かな点までどうしていくのかを計画して決めていたことが分かります。注文住宅を建てるときには、もちろん後悔や失敗はしたくはないため、そのためには担当者の方とよく相談をし、認識や理解を深めていく必要があります。

その点、ディーズスタイルはお客様との打ち合わせをしっかりと行い、満足のいく形で注文住宅を完成させていることが分かります。きちんとコミュニケーションをとる会社であることは初めての注文住宅でも安心して依頼することが出来そうですね。

ディーズスタイルはお客様の要望を聞き入れ、理解し、実行していく能力がある会社であると考えられます。

親身に相談にのってくれる

大丈夫ですよ。
コーディネートさんがいるので、
親身に相談に乗ってくれますよ。

関西の方であれば
豊中オフィスに相談行くのが
オススメです

岸和田オフィスのコーディネートさんと
建築の方も素敵な方ばかりで
完成間近な我が家は
この会社で家を建てて
大満足です。

どの会社と家を建てるにしろ、
営業さんや現場監督さんや色々な方たちのおげで家はできるので、

気になった事などがあれば
ちゃんと相談して進めていけば
大丈夫ですよ。

引用元:https://www.e-kodate.com/bbs/thread/554147/12/

→親身になって相談にのってくれる会社であることが分かります。担当者の方だけでなく、コーディネートさんや現場監督の方など、注文住宅の建築に関わる人すべての人柄の良さが伝わってきます。

担当者の方だけでなく、コーディネートさんが別にいることは自分のこだわりのデザインを反映できる可能性が高くなると感じます。部屋の外観や、各部屋のデザインもオシャレにできることは注文住宅を建築する魅力の一つでもあるため、お客様の満足のいく住宅に近づけることができそうですね。

また相談しながら進めていくことができる会社であることからも、コミュニケーションを大切にしていることが分かります。

意見や要望を受け入れてくれる

D’S Styleで契約した者です。ここは中商という会社が母体になっており、D’S Styleはその中のブランドのひとつです。他にも完全注文住宅の部門や庭造り専門の部門もあります。下請けなどはなく、設計から建築に至るまで全て自社でやっているそうです。基本プランを絞ること、1階をオープンな空間にする事で壁や収納の経費を抑え、その分を吹き抜けや高断熱の性能にあてている印象です。図面を見ると壁内の柱が多く、これで耐震性能を確保しているのだと納得。もちろん建築申請をするわけですから、国の審査を通っています。スタッフの方はとても誠実で、私のワガママを聞いてくれましたし、同時にムリなことや難しいことは率直に指摘してくれました。子供が大きくなって、残りの人生を夫婦二人でどう楽しもうかと思った時にピッタリの住宅です。私自身は岸和田市の蛸地蔵駅から少し行った「マームタマ」という喫茶店がD’S Styleの住宅でやっていて初めて知りました。どんな建物かなと知りたい方は、珈琲を飲みがてら行ってみてはいかがでしょうか。

引用元:https://www.e-kodate.com/bbs/thread/554147/10/

お客様の意見や希望をなるべく誠実に再現していく会社であることが分かります。お客様の要望を受け入れて実行していくことは簡単ではなく、それなりの知識や経験、能力が必要になってきます。

またお客様からの要望の段階で、出来ることと出来ないことを迅速に且つ、明確に判断できることでお客様にとっても分かりやすく、早い段階でできないことがわかることで別の提案を相談し合うことができ、完成した住宅の満足度も高くなると感じます。このような明確な判断ができることも会社の実力の一つでしょう。

ディーズスタイルは、お客様に合わせた適切な注文住宅の提案を確実に行い、満足度の高い住宅を建設している会社であると考えられます。

自分色に染められる家

家を楽しむ事が出来る方にはおすすめです。ありきたりな家だと、3年すればありきたりな生活になってしまうでしょう。ここの会社の家は、自分色に染める事が出来る素晴らしい家だと思いますよ!型にはまった家ではなく、解放感あふれる家!型にはまった家がいいなら、他社で建てるべきだと思います。

引用元:https://www.e-kodate.com/bbs/thread/554147/9/

→自分のこだわりの住宅にできることがディーズスタイルの魅力の一つのようですね。注文住宅を希望している方には、自分の生活スタイルに合わせた造りやデザイン性、性能などを求めている方も多いと考えられます。

そのため、オンリーワンの家づくりを希望している方にとってはとくにおすすめできる会社であると感じます。注文住宅の一番の特徴である自分だけの家造りを再現しやすい会社であると言えそうですね。

今後、何十年も生活していく家であるからこそ、後悔のない、快適な住宅にできることはベストであり、理想を実現できる可能性の高い会社に依頼することは重要となることでしょう。

人柄が良い

前に購入したものです。工事中も見に行ったり、業者さんに差し入れを持って行ったりしましたが、みなさんいい人で受け答えなどもしっかり答えくださいました。私が行った時は塗装屋さんが工事中で若い人でしたけどしっかりしてる印象でしたし、教育されている印象でした。

引用元:https://www.e-kodate.com/bbs/thread/554147/7/

→現場の方もしっかりとした丁寧な対応であり、社風の良さを感じます。担当者だけでなく、実際に注文住宅の建設が始まったときには現場の方と顔を合わせる機会が増えるため、お客様からしても感じの良い雰囲気の方だと安心してお任せすることが出来るでしょう。

ディーズスタイルは会社全体できちんとした教育をしており、お客様第一で接している会社であることが分かります。お客様とのコミュニケーションを大切にしていることからも、注文住宅の計画をきちんと相談しながら進めていくことができ、納得した上で注文住宅を建てることが出来ると考えられます。

ディーズスタイルへのアクセス

岸和田メインオフィス
住所:〒596-0801 大阪府岸和田市箕土路町2-8-10
最寄り駅:久米田駅 車で8分

豊中オフィス
住所:〒561-0856 大阪府豊中市穂積1-5-4-101
最寄り駅:服部天神駅 徒歩11分

神戸オフィス
住所:〒657-0021 兵庫県神戸市灘区桜ケ丘町16-59-2
最寄り駅:御影駅 車で7分

名古屋オフィス
住所:〒463-0001 愛知県名古屋市守山区上志段味樹木1631-2
営業時間:10:00-17:00
電話番号:052-737-6788

サイト内検索
【南大阪】おすすめの注文住宅業者ランキング!
記事一覧