南大坂で注文住宅を建てたい方必見!評判が高く人気な工務店・ハウスメーカーを比較ランキングでご紹介します!

注文住宅の費用相場はどのくらい?

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/08/24

一般的に注文住宅はどれくらいの価格で建てられているのか、予算や実際にかかる金額について気になる人は少なくありませんが、相場は地域によって多少異なります。土地までプラスした価格で計算をするのか、あるいは、土地抜きの建物だけの金額なのかによって、算出される費用は異なるため、住みたい地域ごとに確認して参考にしましょう。

地域ごとに平均となる金額は異なる

地価によって平均的な相場は大きく異なるため、あらかじめ確認をしておくことは必要となりますが、日本全国の平均的な注文住宅の価格は3,898万円です。建設費用のほかに、土地取得費までかけた場合の価格となっているため、地域や建築する工務店などによって多少費用が異なることは事実といえます。

なお、首都圏の場合は4,620万円、近畿地方の総合としては4,030万円前後で、土地習得費用が大きく影響をしていることが顕著に現れる結果といえるでしょう。基本的に東京、大阪、名古屋といった都市圏の場合は、4千万円台が主流となっており、地方に行けば行くほど、土地取得費用が安くなるため、割安な価格です。

全国平均としては3千万円台後半から4千万円台前半の価格で建てる人がほとんどとされており、建てる素材や広さによって多少異なります。建売住宅とは異なり、注文住宅の場合には土地購入の予算をも計算に足さなければならないため、建売住宅よりも費用が高額になるのは当然のことです。

建物自体の予算を確認すると全国では3,500万円台、首都圏、近畿圏も同様の金額となっていますが、それ以外の地域では2,600万円台となっています。建物自体の金額は首都圏や東海地方では比較的高く、3千万円から3,600万円の間で、低いところは2,500万円以下となっているため、地域ごとに建てるための予算は違うことがわかります。

住む地域によって建物および土地価格を確認

多くの場合、都市圏のほうが土地の価格が高く、地方に行けば行くほど費用が安いことは知られていますが、どれくらいの価格差があるのでしょうか。平均的に2千万円前後が一般的な注文住宅を建てるために必要な土地の価格とされていますが、地方に行けば1千万円を切るところも珍しくありません。そのため、土地を購入する価格が注文住宅を建てる費用と重なり、結果として高値となることが多いのがポイントといえるでしょう。

逆に考えると、土地がすでにあるならば家を建てるのに必要な資金を抑えることが可能となるため、建築するための資金を少なくできる可能性があります。土地の価格によって影響が強くなるからこそ、あらかじめ地域の土地の価格や、建築業者ごとの建築費について調べてから、依頼することが望ましいです。

予算の範囲内で建てられる家を作るために、下調べをすることはとても大切です。多くの場合初めて家を建てる以上、どんな部分に注意したらいいのかわからないことだらけという場合も少なくありません。そのため、調べられるところはとくに念入りに調べ、相場の価格の範囲内で建てられるのか、あるいは予算の範囲内に抑えるのか家族と相談して建てましょう。

なお、住みやすい家にするためにこだわりの建材や設備を導入することで、高値となることも珍しくありませんので、予算に見合うかどうか確認してから導入をしてください。

予算の範囲内で抑えられる家を建てる方法

相場の価格だけではなく、予算の範囲内で収まる家を建てるためには、複数のポイントに注意しなければならないため、ポイントを確認して建てることが望ましいです。

例としては、こだわりのある部分はグレードをアップし、それ以外の部分はダウングレードすると、メリハリがついて予算の範囲に収めやすくなります。家造りで大切なのはこだわりのある部分を的確に利用できるようにすることとなるため、それほどこだわりのない部分のグレードを下げることで費用を抑えることが可能です。

また、水回りをできるだけあちこちに散らさないことで、配管工事の費用を抑えることができるため、価格を抑えて家造りをすることができるようになります。もちろん2世帯住宅など特殊な家造りであれば別ですが、一般的な住まいの場合にはキッチンや洗面台を1フロア内に収めることで、価格を安くできるでしょう。

また建物の形をシンプルにすることで立てやすくなるため、それほど予算をオーバーせずに建てられます。こだわりのある形状にする場合、たいてい耐震性などにも影響をもたらすため、大掛かりな工事が必要となり、注文住宅の中でも高い値段になりがちです。そのため、シンプルな形状で耐震性などにもこだわりのある住まいにすることが、安く安全な家造りにすることにつながるでしょう。

 

地域によって注文住宅の価格差はありますが、土地と建物両方の値段を計算しておくことが、建てる前に必要とされています。都市圏であれば土地の価格が高いため4千万円前後が相場となり、地方であれば土地が比較的安いため3千万円台後半となることが少なくありません。土地をすでに持っている場合であっても、2千万円台後半から3千万円台後半までの建物を建てるための予算が必要です。

予算の範囲内で抑えられるよう、こだわりのある部分はアップグレード、こだわりのない部分のグレードは下げるといった工夫をもたらすことで、予算の範囲内で立てやすくなります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【南大阪】おすすめの注文住宅業者ランキング!
記事一覧