南大坂で注文住宅を建てたい方必見!評判が高く人気な工務店・ハウスメーカーを比較ランキングでご紹介します!

駐車場を作る上で考えるべき点とは!後悔しがちな点も確認しよう!

公開日:2021/10/15  最終更新日:2021/07/09


注文住宅を建てる際、生活状況を踏まえて駐車場を設計しておくことにより生活の利便性を向上させることができます。しかし、リビングや寝室などの間取りやデザインに力を注ぎ、駐車場についてあまり考えずに建ててしまい後悔するケースも少なくありません。本記事では、駐車場を作る上で考えるべき点や後悔しがちな点について紹介します。

注文住宅の駐車場の種類は?

駐車場の種類は大きく分けて3つのタイプがあります。具体的には、駐車場・ガレージ・カーポートの3種類です。

駐車場

駐車場は住宅の敷地内に設けられた車を置くスペースを指します。屋根や囲いがないため雨の日の利便性が悪く、防犯性が低いため心配な面があります。しかし、最も費用をかけずに駐車スペースを作ることができます。

ガレージ

ガレージは車庫のことを指します。屋根や壁、天井、門などがあり駐車スペースと趣味に利用する場合や物置と併用して利用する場合などがあります。さらに、ガレージは3つの種類があります。

1つ目は独立ガレージです。独立ガレージとは、住宅と別にガレージを建設することです。また、独立ガレージは既製品とオーダー品を選択できます。既製品の場合は費用を抑えることができますが、オーダーメイドで細部まで工夫したいという場合にはオーダー品がおすすめです。しかし、オーダー品の独立ガレージは費用が高額になるケースが多い傾向にあります。

2つ目はビルトインガレージです。ビルトインガレージとは、住宅の一階部分をガレージにしたものです。住宅内にガレージを設けるため、直接駐車場に入れることができます。そのため、雨の日に濡れないことや荷物の出し入れがスムーズであることがメリットです。一方、居住空間が狭くなってしまうというデメリットがあります。

3つ目はガレージハウスです。ガレージハウスはビルトインガレージと同様、住宅の1階部分を駐車スペースにしたものです。新築の時点で住宅の居住部分の一部をガレージにしたものをガレージハウスと呼びます。

カーポート

カーポートとは住宅の敷地内で屋根のついた駐車スペースのことです。カーポートは屋根の形で2種類に分類されます。まず、ラインドスタイルと呼ばれるものは屋根が曲がった形のカーポートです。カーポートの屋根に雪が積もっても地面に落ちる設計になっているため、寒い地域に適しています。また、フラットスタイルは屋根が平らな状態になっていることが特徴です。スッキリしていてスタイリッシュな見た目になる点が魅力です。

注文住宅の駐車場作りで後々後悔しがちな点

駐車場の利便性が悪いことで日々の生活にストレスを感じてしまうことも少なくありません。まず、駐車場作りで後々後悔しがちなこととして、思ったより狭く車の出し入れが大変であるということが挙げられます。お子様が大きくなるにつれてファミリーカーに乗り換えることや、人の乗り降り、荷物の出し入れを想定してゆとりのあるスペースを確保することが大切です。

また、土や砂利の駐車場にして後悔する例もあります。駐車場にはコンクリートを敷くことが一般的です。しかし、コンクリートは費用が高いため土や砂利にして費用を抑えるケースがあります。ところが、土や砂利は車が汚れやすく、雑草の処理が大変、音が気になるなどデメリットが多くあります。その場合、アスファルトを検討しましょう。コンクリートよりも低価格ですが土が覆われるため、土や砂利のデメリットを軽減できます。

さらに、ガーデニングや外構にこだわりすぎて車が止めにくいということもあります。せっかくのマイホームのため、ガーデニングスペースにこだわりたいという方は多いです。しかし、ガーデニングスペースを広げすぎると、駐車スペースを圧迫し車が停めにくくなります。そのため、車の駐車スペースを充分に確保した上でガーデニングスペースを設けることが大切です。

駐車場を作る上で考えるべき点

駐車場を作るときに考えるべきことが何点かあります。まず、駐車時に外構や外壁に車がぶつからないよう車止めの設置をしましょう。車止めの間隔は使用している車によって異なります。さらに、車止めが壁や外壁に近すぎると、車の排気ガスで黒く汚れる場合やバックドアの開閉の妨げになる場合があるため、余裕を持って設置する必要があります。

また、縦列駐車での駐車場を設計する場合は、通常の駐車スペースとは異なる広さが必要となります。実際にストレスなく駐車できるかを設計士と相談し、スペースを確保することが大切です。その際、バックドアの開閉が可能かどうかも確認が必要です。

そして、日当たりと勾配にも注意が必要です。日当たりがよすぎる場所に駐車スペースを設けると、日に焼けて車体の塗装や内装が変色しやすくなります。その際はカーポートの設置も検討が必要です。一方、暗すぎる場所は視界が悪く車を停めにくくなります。また、勾配のある場所に駐車場を設ける場合、急すぎるとアクセルを踏みすぎる危険があります。設計時にどれくらいの勾配か、危険はないかを充分確認することが大切です。

まとめ

駐車場はただ車を停めるスペースではなく、暮らしの利便性に大きく関係します。また、スタイリッシュなガレージやカーポートは住宅に好印象をもたらします。そのため、駐車場の種類や、後悔しがちな点、設計時に注意すべきポイントを知っておく必要があります。そして、家庭環境や生活スタイルを踏まえて駐車場を設計することで快適な生活を送ることができます。

おすすめの注文住宅業者ランキング

商品画像13245
商品名エナ・ホームスタイルハウスディーズスタイル泉北ホームアーキホームライフ
特徴天然木を活かした家づくりが得意「1坪4マス」という分かりやすいプランニング間仕切りのない、シンプルな四角い家暮らし方や個人のこだわりを重視した設計・デザイン20種類以上のラインナップがある
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイト公式サイトへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
【南大阪】おすすめの注文住宅業者ランキング!
記事一覧