南大坂で注文住宅を建てたい方必見!評判が高く人気な工務店・ハウスメーカーを比較ランキングでご紹介します!

洋服愛好者におくる理想の収納空間!ウォークインクローゼットの魅力

公開日:2023/06/15  最終更新日:2023/05/30


洋服が好きでおしゃれな方にとって、注文住宅を建てる際には広いウォークインクローゼットは欠かせない要素です。ここでは、注文住宅を建てる前に知っておくと役立つウォークインクローゼットを設けるメリットとデメリット、そして設置前に考慮すべきポイントについてまとめて紹介します。

注文住宅でウォークインクローゼットを設けるメリット

ウォークインクローゼットを導入することによるメリットはいくつかあります。

まず、ウォークインクローゼットはその広さから「たくさんのものを収納できる」という点が最大の利点です。通常の扉収納スタイルのクローゼットでは限られたスペースしか使用できませんが、ウォークインクローゼットでは衣類だけでなく、スーツケースや来客用の寝具、季節家電(扇風機やストーブなど)なども収納することができます。四季の衣類をまとめて収納できるため、衣替えの手間も不要です。バッグや靴を箱のまま保管することもできるでしょう。これらのアイテムをウォークインクローゼットに収めることで、生活空間をすっきりと整えることもできます。

また、ウォークインクローゼットは他人が出入りしないプライベートな空間であるため、着替えなどの身支度も快適に行えるというのも利点です。お気に入りの服や靴、アクセサリーを配置し、全身鏡を設置すれば、毎日の身支度が楽しくなる空間を作ることができます。ファッションに敏感な方は、ウォークインクローゼットの設置により生活の質を向上させることができるでしょう。

注文住宅でウォークインクローゼットを設けるデメリット

ウォークインクローゼットを設ける際のデメリットも考慮する必要があります。

まず、ウォークインクローゼットは一定のスペースを必要とするため、広い面積が必要です。たとえば、夫婦2人暮らしなら2畳、夫婦と2人の子どもの4人暮らしなら3畳、5人以上の家族なら4畳以上のスペースが必要となります。注文住宅を建てる際には、限られた延床面積を居室、浴室、キッチン、収納などに分配する必要です。ウォークインクローゼットを設けるためには、寝室などの面積を犠牲にする可能性があります。

また、ウォークインクローゼットがあっても、適切な管理が必要です。適当にものをしまっておくと使い勝手が悪くなります。季節ごとや個人ごとに整理整頓をするなど、管理をしましょう。適切に管理しないと、ウォークインクローゼットもただのもの置き場になってしまう可能性があります。さらに、ウォークインクローゼットは湿気の多い季節や梅雨の時期にはカビに注意が必要です。

とくにレザージャケットやバッグなどはカビによる被害を受けやすいため、湿気のこもらないような換気計画を立てたり、窓のある場所を選んだりするなどの対策をしましょう。ウォークインクローゼットを導入する際には、これらのデメリットにも注意し、計画を立てることが重要です。自分や家族のライフスタイルに合った使いやすい空間となるように工夫しましょう。

ウォークインクローゼット設置前に考えておくべきポイント

ウォークインクローゼットを設置する際は、以下のポイントを考慮し、自身のニーズに合った最適な計画を立てることが大切です。

ウォークインクローゼットのスタイル

I型、Ⅱ型、コの字型、L型など、ウォークインクローゼットには複数のスタイルがあります。自身の収納したいものの量やスペースの確保状況を考慮し、最適なスタイルを選ぶことが重要です。また、I型やⅡ型ではウォークスルークローゼットにすることもできます。

設置場所

クローゼットは一般的に寝室の近く、同じフロア内、浴室や洗面室の近くなどに設置されます。寝室に設置すると朝の身支度がスムーズになりますし、浴室の近くに設置するとお風呂上りや帰宅時の着替えが便利でしょう。洗濯機が浴室のそばにある場合は、洗濯物をしまうのも簡単です。家事効率を考慮して最適な場所を選びましょう。

収納とレイアウト

ウォークインクローゼット内での収納やハンガーパイプの配置も考慮しておく必要があります。高い棚とハンガーパイプの組み合わせにより、狭いスペースでも上部を有効活用することができるのです。また、収納棚やハンガーパイプを設置せずに手持ちの収納ボックスやハンガーラックを活用すると、柔軟なレイアウト変更が可能。自分の使い勝手に合ったシステムクローゼットを選ぶ方法もありますので、収納したいものや使用方法に応じて最適な選択肢を検討しましょう。

個性的な要素の追加

ウォークインクローゼットは他人に見られない空間であり、面積も限られています。そのため、個性的な壁紙を選ぶことも可能です。自身の好みやスタイルに合った壁紙を選ぶことで、クローゼット内に特別な雰囲気を演出することができるのです。実例を参考にしながら、壁紙の選択肢を検討してみましょう。

まとめ

ウォークインクローゼットを取り入れた注文住宅は、家事の効率化やスペースの整理、身支度の楽しさなど、魅力的な要素が詰まっています。ウォークインクローゼットを作るには多くの要素を考慮する必要がありますが、ここで紹介したポイントを参考にしながら、自分に最適なウォークインクローゼットを楽しみながら作り上げてください。そうすれば、家がさらに愛着をもてる場所となることでしょう。

おすすめの注文住宅業者ランキング

商品画像13245
商品名エナ・ホームスタイルハウスディーズスタイル泉北ホームアーキホーム
特徴天然木を活かした家づくりが得意「1坪4マス」という分かりやすいプランニング間仕切りのない、シンプルな四角い家暮らし方や個人のこだわりを重視した設計・デザイン20種類以上のラインナップがある
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイト公式サイトへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
【南大阪】おすすめの注文住宅業者ランキング!