南大坂で注文住宅を建てたい方必見!評判が高く人気な工務店・ハウスメーカーを比較ランキングでご紹介します!

土地が狭くても注文住宅なら理想の家ができる

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/02

狭い土地を購入した場合は、理想の家を建てることが難しいというイメージがある人もいるでしょう。注文住宅であれば、狭い土地に適した工法を使用して理想を現実にできる可能性があります。しかし、ただ好きなデザインを提示すれば完成するわけではありません。今回は、狭くても希望通りの家を建てられるポイントを紹介します。

地下室や天井裏を活用するのがポイント

狭い土地に理想の家を建てることができないと感じているのなら、地下室を作ってみてはいかがでしょうか。家というのは、地上だけに作れるわけではありません。地下に作ることも可能なのです。地下だったら、ある程度の広さを確保できますし、条件次第では床面積に含まれないとして費用を安くすることもできます。

そして、周囲は地面で覆われているため、防音効果があるので、近所を気にする必要はありません。高さ制限がある家では、上に伸ばすことは難しいのですが、下に関しては厳しい規制はありません。

自由な発想で、住みやすい家を建てることができます。しかし、地下室を建てるときには、さまざまな工事が必要になります。コンクリート工事や鉄筋工事、換気に関する工事も必要になります。実際にどんな工事が必要なのかについて理解しておくことも必要です。

そして、屋根裏部屋を活用することも、理想の注文住宅を建てるときに役立ちます。屋根裏部屋は、建築基準法のなかでは小屋裏物置等と呼ばれています。条件さえあっていれば、屋根裏部屋の面積は、床面積としてはならないので、やや広めに設計できます。

作り方によっては、収納だけではなく子どもたちが遊ぶスペースも作れますし、書斎としても活用できます。工夫次第では、部屋数を増やす、つなげるなどして住みやすい環境を手に入れることができます。

スキップフロアを取り入れてみる

狭い土地を活用して理想の注文家を建てるには、スキップフロアを取り入れるといいでしょう。スキップフロアというのは、同じ断層のなかに複数の段差があり、部屋によって高低差を演出するという方法です。平屋でもスキップフロアを取り入れることが可能なので、狭くても、理想通りの家を建てることができます。

段差があるので、互いの部屋の様子を見ることはできないので、プライベートな空間を確保できますし、風や光を取り入れやすくなります。スキップフロアを取り入れたことで、収納部分を増やすことができるので、部屋のなかをスッキリとして見せることが可能です。

そして、狭い土地がすべて平坦なわけではありません。なかには、高低差がある場合もあります。通常の住宅なら、斜めに感じるため、住宅を建てるのには向きませんが、スキップフロアのように高低差を利用した住宅にはピッタリです。

しかし、スキップフロアはどこの住宅メーカーでも建てられるというわけではありません。そのため、近所の工務店や建築会社では建てられないかもしれないのです。また、経験が浅いメーカーの場合は、工事に満足できない可能性があります。スキップフロア住宅を建てるときには、経験や実績があるハウスメーカーにしましょう。

狭い土地だからこそできるアイデアを取り入れる

狭い土地だと理想の家が建てられないと感じるのは、理想の家を土地のサイズに合わせていないからなのです。狭い土地ならではのデザインを取り入れることで、広さに関係なく理想の家を建てることができます。階段の下を利用してウォークインクローゼットや、キッチンにすることもできますし、廊下の横を子ども部屋にすることもできます。

また、天窓をつけることにより、太陽の光を家中に取り入れることができます。また、階段のステップを収納にすれば部屋を広く見せることもできます。部屋の仕切りをなくせば広々として使えますし、ドアをスケルトンにすればおしゃれでスタイリッシュなデザインを演出できます。

理想の家は、広さで決まるわけではありません。収納場所を減らしたり、吹き抜けにしたりといった工夫次第では、通常の広さよりもさらに広く感じることができます。どんな住宅を建てたらいいのかわからないといったときは、ハウスメーカーなどに相談するといいでしょう。

 

狭い土地を活用して理想の家を建てるときには、工夫できる場所を見つけることが大切です。地下室や屋根裏部屋を活用することで充分な広さを確保できるので、理想の家により近づけることが可能です。狭い土地であることで、自由がきかないと感じる人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

理想の家を建てるのに、広さはさほど関係がありません。工夫次第では、狭い土地のよさを活かした住宅を建てることができます。しかし、どんなデザインにすればいいのかわからないという人もいるでしょう。そんなときには、ハウスメーカーなどに詳しく相談をして、自分の理想通りの家が建てられるかどうかを、じっくり話し合うことが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【南大阪】おすすめの注文住宅業者ランキング!
記事一覧