南大坂で注文住宅を建てたい方必見!評判が高く人気な工務店・ハウスメーカーを比較ランキングでご紹介します!

注文住宅を建てるときの頭金ってどのくらいかかる?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/08/24

注文住宅を建てるという場合にはローンを組む方も多いでしょう。ローンの返済を考えると少しでも返済額を減らすほうが金利などの負担を軽減できます。そのためにも、頭金をある程度用意しておくことも大切です。どの程度の頭金を用意すればいいのかは、金利や生活の状況などから判断する必要があります。頭金の理想額をチェックしてみましょう。

基本的には一割から二割を準備する

注文住宅を建てるために頭金として準備しておくなら、購入額の一割から二割程度が理想的です。金額が多いほうが借り入れる金額を少なくすることができ、その分金利による負担を減らすことにもなるでしょう。そのため、貯蓄に余裕がある場合などは最初の段階で多く支払っておくと、ローンの返済での負担を軽減できます。

また、生活状況によっては、貯蓄にそれほど余裕がない場合や現状の生活や収入面などもある程度考慮することも大切です。いくら金利の負担を減らしたいからといって最初に大きい金額を支払ってしまうのは、生活で何かあったときの金銭的な余裕がないのも少々不安になってしまうこともあるでしょう。

そのため、生活状況や収入などによっては一割程度最初の段階で支払っておき、貯蓄もある程度残しておくという選択をすることも一つの方法です。

ただし、頭金に関してもそれなりに貯める期間が必要になることもあります。頑張って貯めるというのもいいですが、長い間貯めることになってしまうと、なかなか住宅の購入に踏み切れない場合もあるため、その点も考慮しつつ判断していくことが大切です。

貯めずに購入に踏み切る場合には

近年では、頭金がなくても住宅の購入をすることができる場合があります。確かに、いちいちお金を貯めずに購入に踏み切れるというのは、魅力的です。自分が欲しいと思える住宅が購入できるため、そのような決断をする方も少なからずいるでしょう。

しかし、頭金がない状態で、住宅ローンなどを組んだ場合には、返済で金利の負担で長期的に負担を実感してしまうことにもなります。毎月の返済額が大きいというのは、生活を圧迫してしまう可能性もあるためです。金銭的にゆとりある生活をするためにも、このような返済に関しての金利という点は重視しておきましょう。

気軽に、住宅を購入できるからといって安易に考えず、ローンを組み返済でどの程度の金額を返していくことになるのかという点をしっかり考えてから判断することが大切です。

特に、注文住宅の場合にはコストが高いため金額がそれなりに高くなりがちです。納得のいくマイホーム購入をするために、金額に関してもある程度の額を覚悟していても、ローンの金利の負担はきちんと考慮して判断していきましょう。安直に頭金がなくても購入できると考えずに、しっかりと先々のことも考えてみることが重要です。

手元に残す金額から判断してみるのも有効な手段

どの程度用意すればいいか自分で判断がつかないという場合には、手元にどの程度の金額があれば安心して生活ができるかという点から考えてみてもいいでしょう。生活上、急な出費や予期せぬアクシデントなどもつきものです。そのため、予想外の出費などにも対応できる金額を手元に残しておくことは必要だといえるでしょう。その点から、残った金額を頭金としてみるというのも判断基準の一つです。

月々の収入、そして生活費やその他にもさまざまな出費があります。また、生活をしていれば家族が増える可能性などもあるでしょう。子供が産まれ、育ち養育費などが必要になることもあります。このように、住宅を購入するといった場合に、ローンの返済の期間が長いことも考慮に入れて自身がどのような生活をしていくことになるのか、家族のことなども含めて判断していくことが必要です。

月々の収入がどの程度あるか、余裕ある生活ができる状況かという点、そして家族と一緒に生活をする場合などは、家族とも相談してみましょう。自分一人の意見だけでなく、共に暮らす人々の意見なども参考にしつつ判断することが大切です。

 

注文住宅で頭金を用意するなら、基本的には一割から二割を目安としておき金銭的に余裕があるならばそれ以上に金額を準備するというのもいいでしょう。ローンの金利という面からいえば少しでも借り入れ金額を少なくしたほうが金利の負担が少なくて済むためその点を考慮しつつ判断しましょう。

人によってはまとまった金額を用意できないという場合には、それでもローンを組んで購入することはできますが、返済額的にかなりの負担となってしまう点は考慮する必要があります。住宅を購入するというのは、まとまった金額の買い物でもあるため手元にどの程度のお金があれば生活上困らないか、ローンを組んでその返済が月々どの程度なら問題なく返済できるかなど自分なりに判断してみることが大切です。

住宅ローンは、返済にそれなりの期間がかかります。そのため、返済が終わるまでの期間内でどのような生活をしていくかなどいろいろとイメージしてみることも重要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【南大阪】おすすめの注文住宅業者ランキング!
記事一覧